風雲カブキ伝図鑑

天外魔境3(幻)

スライドショーには JavaScript が必要です。

メモと考察ポイント1(カブキサイド)

稲荷/狐の嫁入り/ネコダルマの館が「キツネ族伏線」。
「幻」テーマのネズミ/キツネ/ムカデ/クモ族の変則旅と分かります。

カブキの「全裸でも旗付き」が、
「キツネの尾」を表現していると分かります。

フジヤマは、ファッション命題のネズミ族なので、
金属突起のアクセサリーを手首や足首につけていると分かります。

阿国(クモ)は、カブキ(キツネ)を捕まえて離さない。
キツネとクモは「説教をし合いつつ」「掴みあう」と分かります。

メモと考察ポイント2(サブキャラ)

ジェットモグラは、衣のように機械を着ている。
ネズミとカエル(機械)は、「好感し合う」と分かります。

妖精(ガマ)の住んでいる綺麗な泉は、
文明の発展に伴って消えてしまう運命。
ガマ族は、「死に絶える運命」と分かります。

ジョウコウ(ナメクジ)は、カンビエ(キツネ)と関わって、
空位であるタイクーンの座を逃してしまう。
ナメクジ族とキツネ族は、後が「面倒になる」と分かります。

メモと考察ポイント3(デーモン教)

敵テーマも「幻」。外観に惑わされず、
「本質」を探る訓練となっていると分かります。

止めのアイテムに加工されるのが、「魔王の剣」
わざわざ「持込む」のが、キツネ族と分かります。

クモ族のカルネは、乾燥したミイラで、
愛に飢えていると分かります。

世阿弥のサングエの魔力に負けた理由が、
ムカデとネズミの「圧倒し合う」関係と分かります。

三人の魔女は、
霊(ネズミ)×液体(キツネ)×予言(ムカデ)×魔女(クモ)。
4境界能力を均等でリュウ族化すると分かります。

メモと考察ポイント4(中ボス系)

同じ三体合体でも、
カーミラは、サングエの娘なので、ネズミ族、
三銃士/キメラはゴートに仕える「臣従」で、
ムカデ族と分かります。

ベルゼブブ(ムカデ)は、道具禁止。
ムカデ族は、道具を支配していると分かります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。