パラミシア図鑑

 

超人系たくさん

スライドショーには JavaScript が必要です。

メモと考察ポイント

悪魔の実は、元々ナメクジ血統の生体兵器。
同OR別の血統が食すことで、能力形態が変化。
各食者の血統体を生かした能力に、変化する。

パラミシアは、2つ以上の血統の組み合わせで、
他の血統を取り込みながら成長するので、
ゾオンやロギアより成長余地があり、

食者の血統を考えると、血統同士の相性で、
それぞれ「食べる羽目になっている」、
その食者血統でないと、食べられない
と分かります。

名前の明かされていない悪魔の実の詳細は、
「真実の世界観」を隠す伏線であり、
「超人系の実2」のページで。

以下・超人系・悪魔の実の能力者簡易図鑑1

スライドショーには JavaScript が必要です。

以下・超人系・悪魔の実の能力者簡易図鑑2

スライドショーには JavaScript が必要です。

以下・超人系・悪魔の実の能力者簡易図鑑3

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。