第四の黙示録図鑑

天外魔境・第四の黙示録

スライドショーには JavaScript が必要です。

メモと考察ポイント1(雷神サイド)

時代が進み血族要素が四混、
カオス化した火の勇者たちの旅物語と分かり、
細かく血族相関を列挙すると以下の通りとなります。

・星夜は、元ガマ族、死後ネズミでヘビの天狗化。
・エースは、ヘビ仙人の育成が無いカブキ本人。
・雷神は、夢見とペアで、ガマ族を卒業。
・夕能は、神獣の玉(ムカデ)を入手で、魔獣性を克服。
・火門は、ロボット(ガマ)からナメクジ族に移動・死ぬ。
・レッド・ベアは元ネズミ族。四鬼族へ移動・死ぬ。

火の紋章は、アメリカに龍脈伝いで流れてきた
「ヘビ族のユリワカ」の加護の証。

紋章は、リメイク版で禅剛にも現れるので、
血のつながりは、関係ないと分かります。

メモと考察ポイント2(サブキャラ)

カブキ伝でも、ジュリアという名の女将が登場。
肉屋を経営しているので、
ヘビ族は、「殺生する」と分かります。

ビマーナ(ムカデ)は、乗り物でも自律行動。
ビリー(キツネ)を連れて、エース覚醒の手助け。
ムカデ族とキツネ族は、「導き合う」と分かります。

足長おじさんイベントで、
・アン(ヘビ)を選ぶと追跡。
・ジェニー(ガマ)を選ぶと、妙なアイテムGET。
・アリサ(ナメクジ)を選ぶと、瞬間移動でデート。

三大血族の特性通りの行動をとっていると分かります。

メモと考察ポイント3(12使徒サイド)

審判の十二使徒は、東から反時計回りに、
偶像崇拝・酒池肉林・器械体操・罪状認否、
四文字熟語のイメージで作成されており、

アメリカは、西のガマ族ベースなので、
雷帝ニギのように変身できないと分かります。

レッドゲージ必殺技も全て、血族能力の奥義で、
ナメクジの力で、ヘビの龍脈を開く氷を噴出技が、
「純銀のブリザード」の「エックスブリザード」と分かります。

メモと考察ポイント4(中ボス系)

ロウ・ドッグが、夕能やスカーウルフに勝てず、
キャンディの手下になるのは、ムカデ族だからと分かります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。