電伝虫/ダイアル図鑑

海外サイトのほうが、詳しい。

スライドショーには JavaScript が必要です。

メモと考察ポイント1(電伝虫)

ゴールデンとシルバーが通信できるのは、
カエルと四鬼の関係だからと分かります。

カタツムリは、ナメクジ血統力。
生体原理なので、電伝虫の通信は、
「心網」や「念話」に近い現象と分かります。

考察:電伝虫の色について

黄金は、リュウ血統力。白色は、四鬼血統力。
・カエルとリュウは、倒し合うため、黄金色。
・四鬼とムカデは、張り合うため、白色。

電伝虫に限らず、色の血統相関があると分かります。

9.リュウ血統は、ミルキーダイアル。
・リュウは、空島限定。

メモと考察ポイント2(ダイアル)

電伝虫を陸のカタツムリとするなら、
ダイアルは、雲海のカタツムリと分かります。

ウェイバーは、風貝/ブレス(ムカデ)内蔵。
ナミ(キツネ)が、最速で乗りこなせるのは、
キツネの素早さと航海士(ムカデ職)だからで、
「波を確実に予測できるから」と分かります。

6(2)
察:ダイアルについて

ダイアル(化石電伝虫)は、古代カタツムリ文明の名残り。
ダイアルの中にいた「生物」が文明を作っていた。
その生物が死に、「残った霊体」こそが、
「悪魔の実」の可能性が高いと分かります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。