人種/動植物図鑑

動物にクモ混在、昆虫は、ムカデ血統。

スライドショーには JavaScript が必要です。

メモと考察ポイント1(人種)

元々この世界に生息していたのは、
有機物・原始生物・甲殻類・魚など。

魚類が、両生類・爬虫類・哺乳類を経て、
「人間」に進化しつつ、
ミンク族が、外から流入し、活性。

文明進化で、ロボットやクローンが生まれ、
星壊兵器と生体兵器を使って戦争を繰り返し、
世界は、洪水で、リセットされる。

海底に住み続けた人間は、魚人化。
洪水を天で逃れた人間は、空島人化。
支配者たちの生き残りは、天竜人化。

この過程で、境界種が人工的に作られたり、
出現・発生したりする世界観。

そして、人間が、安全なリュウ血統なので、
一番生き残り、数が多いと分かります。

メモと考察ポイント2(水棲生物)

強毒耐性のあるルフィ(ナメクジ)が、
ヨロイオコゼ(カエル)で死にかけた理由は、
ナメクジ血統とカエル血統の関係だったからと分かります。

メモと考察ポイント3(陸上動物)

ロングロングアニマルズは、大へビ血統の伏線。
女ヶ島ヘビの「軟体変化」が、
アマゾネスによるナメクジ血統変化と分かります。

雲ギツネは、クモ血統場の空島でペット。
リニアフォックスは、ムカデ血統場のトンタッタ王国。

キツネ血統動物は、クモ血統場では、ペット化、
ムカデ血統場では、乗り物になると分かります。

サンドラ大トカゲは、クモ血統場のアラバスタ。
雲ウルフも、クモ血統場の空島。
ムカデ血統動物は、両方クモ血統場にいると分かります。

メモと考察ポイント4(鳥類)

ニュース・クーが、危険なGLで配達可能なのは、
安全なリュウ血統だからと分かります。

超スズメ(ネズミ)は、フォクシー(キツネ)の船員。
ネズミ血統は、キツネ血統に弱い。

三丈鳥(キツネ)は、空島(クモ)でシュラ(四鬼)と一緒。
キツネ血統は、クモ血統に掴まれ、
四鬼血統に打ち消され、乗り物化。

超カルガモ(ムカデ)は、アラバスタ(クモ)在住。
ムカデ血統は、クモ血統場で、臣従使役。

鳥類に限らず、その場所・人に影響を受けつつ、
飼育・生息していると分かります。

メモと考察ポイント5(植物)

全知の樹が、オハラごと滅ぼされたのは、
死運命のカエル血統だったため。
あまりに多すぎる知識は、死を招くことを描いている。

劇場版のダフトグリーンも知識の悪用という意味で、
同じであると分かります。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。