ロギア図鑑

自然系

スライドショーには JavaScript が必要です。

メモと考察ポイント

父リュウ×母の血統で出来ている半覚醒体。
強力だが、血統数しかなく、成長余地は、最も小さく、
食者によって、強さが変化する。

ガスガス・ユキユキ・マグマグは、
大ヘビ血統の龍脈を利用しており、
マグマグは、ヘビが掴むので、邪悪化。

ヌマヌマは、カリブー(ムカデ)が食者。
キツネは、ムカデが弱点のため、弱い。

メラメラは、エース(大ヘビ)では、普通の強さ。
サボ(四鬼)が食べると、カエル×四鬼で、無敵の強さ。

モクモクは、スモーカー(ムカデ)が食者。
控え役が強まり、ムカデの相棒とも離れ離れ。

スナスナは、クロコダイル(クモ)が食者。
クモ同士が団結し、高い知能を獲得できる。

ピカピカは、ボルサリーノ(ナメクジ)が食者。
裏表の強ナメクジ血統で、任務失敗多い不幸。

ゴロゴロは、エネル(カエル)が食者。
カエル血統の雷属性のみが特に強くなる状態。

ヒエヒエは、クザン(ネズミ)が食者。
四鬼血統とネズミ血統は、乗り合うため、強い。

ヤミヤミは、ティーチ(クモ)が食者。
四鬼血統とクモ血統は、怒り合うので、激怒状態。
全支配を無視できるので、宿敵化してると分かります。

以下・自然系悪魔の実の能力者図鑑

スライドショーには JavaScript が必要です。

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。