ルーキー図鑑

最悪の本物と弱い偽物

スライドショーには JavaScript が必要です。

メモと考察ポイント1(最悪のルーキー)

キッドは、トットランドから締出し、
カイドウ(四鬼)に敗北、カエルは、負け続きと分かります。

リュウ血統は、安全&天才なので、
キラーは海賊同盟の立役者と分かります。

ホーキンス(大ヘビ)やアプー(キツネ)が、
黄猿(ナメクジ)と交戦、返り討ちも血統相性と分かります。

12_2.png
考察:ナメクジ瞬間移動について

移動の遅いナメクジは、突然、玄関や風呂場に現れ、
少し目を離すと、「瞬間移動」したように見える。

ロー(ナメクジ)は、オペオペの力で交換瞬間移動を使う。
ナメクジ血統のイメージ拡張で出来る考察が増える。
不老手術も自身のナメクジ細胞を対価にする寿命延長能力と分かります。

メモと考察ポイント2(偽麦わらの一味)

偽麦わらの一味は、一味(13)の血統に弱い設定で、
ブルックだけ、偽物がいないのは、
ネズミ血統が、見えにくい存在だからと分かります。

5.ムカデ血統2の場所に、カリブー&コリブー。
・ムカデは、格差の大きい兄弟。

下手な物まねでキツネ血統のように目立ち、
本来臣従の立場であるムカデ血統の兄弟に、
集団ごと乗っ取られ、残りは連行されたと分かります。

そして、カリブーは、重要/ロギアの一人なので、
扉絵の格納イベントと同時進行中。

ヌマヌマ(父リュウ×母キツネ)との相関で、
「緩い展開の話」が続いていると分かります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。