アラバスタ図鑑

バロックワークス1軍2軍とアラバスタ王国

スライドショーには JavaScript が必要です。

メモと考察ポイント1(バロックワークス)

B・W社長と副社長は、近距離支援・四鬼血統の役。
それぞれが「基本的な血統攻撃」をすると分かります。

各血統体質が「その後のあり方」を決定しており、
・アンラッキーズ/大ヘビ血統は、不明。
・ギャルディーノ/キツネ血統は、渡る。
・ボン・クレー/カエル血統は、監獄。
・ダズ・ボーネス/クモ血統は、再挑戦。
・ムカデ/ナメクジ/四鬼/リュウ血統は、カフェで安泰。

大ヘビ血統のアンラッキーズがいなくなって、
全員悪事から解放されていると分かります。

 

kafe1.png
考察:お気に入りのお茶とNEWスパイダーズカフェ

クロコダイルは、スナスナ(強く渇くクモ)の能力者。
ニコ・ロビンは、ハナハナ(手足咲くクモ)の能力者。
そして、ポーラは、スパイダーズカフェを経営。

お気に入りの「お茶」設定は、茶色/クモ血統の伏線。

脱獄の手引き・成功は、ミス.ゴールデンウィーク(リュウ)の力 。
イガラムが、一度退場するも復活は、テラコッタ(リュウ)の力 。
リュウ血統が関係すると、安全に助かると分かります。

メモと考察ポイント2(アラバスタ王国)

B・Wオフィサー側とキャラ設定が、
「対照的」になっていると分かります。

昔は、肉体派・「カラカラのおっさん(トト)」は、
筋肉質・乾燥体質なクモ血統の伏線と分かります。

ネフェルタリ・コブラは、妙な奇病に罹る。
ナメクジ血統は肉体・細胞自体が突然変異を起こしやすいと分かります。

 

5_2.png
考察:大ヘビ血統の神化現象について

大ヘビ血統は、全体を優先した時、奇跡を起こせる。
「ビビ叫び沈黙降雨」「ペル大爆発でも無事」は、
大ヘビ血統の「神格化・龍脈操作能力」と分かります。

ウソップのゴッド化も、同じ血統現象。
巻き物なヘビは、リュウに姿が近いのと、本流となり、
全血統を「巻き込みやすい」ためと思われます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。