ジェルマ/お茶会図鑑

66

スライドショーには JavaScript が必要です。

メモと考察ポイント1(ジェルマ66)

ジェルマ66は、ムカデ血統ベース。
改造を免れたサンジが、純粋な血統。

イチジ(キツネ)は、黒バグ/合技/ムカデ血統改造。
レイジュ(カエル)は、蝶虫羽のムカデ血統改造。
ヨンジ(ムカデ)は、体格成長のカエル血統改造。

ニジ(ナメクジ)は、
ステルス(キツネ)と電撃(カエル)の2血統改造。
ナメクジ血統は、裏表の2改造が可能と分かります。

レッド・ピンク・グリーン・ブルー、
血統色の伏線が多数張られているが、
強制改造によるナメクジ血統の「色弱現象」なので、
全体的に不幸度も上昇すると分かります。

24_3.png
考察:血統概念について

大ヘビ血統の概念は、「母親・母なる大地」。
四鬼血統の概念は、「父親・旧文明的遺産」。
カエル血統の概念は、「息子・男側の子息」。

王国は、大ヘビ血統が父、四鬼血統が母、
カエル血統が娘、で「概念が逆」と分かります。

24.png
考察:クローン兵について

・ジャッジ(大ヘビ)は、血統操作で、改造人間を作成。
・外骨格は、昆虫のムカデ血統で、頑丈かつ屈強。
・クローンは、生体複製のナメクジ血統技能。

大ヘビ血統とムカデ血統は、ナメクジ血統に弱いので、
王国はクローン兵を「作らされて」いると分かります。

メモと考察ポイント2(闇の帝王たち)

新たに血統グループが作られる場合、
まず「7種類の血統」が現れると分かります。

カエル血統が、四鬼血統になったり、
四鬼血統は、まだ遠くにいたり、
リュウ血統が、新たに出現したりする。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。