イーストブルー図鑑

最弱の海

スライドショーには JavaScript が必要です。

メモと考察ポイント1(場所)

名前・色・現象、多くの血統伏線が張られており、
場所ごとに分けられるので、
場所自体が血統力を持っていると分かります。

それぞれが、その場所で修行し、
血統力を強化しながら育ったと分かります。
・ルフィ(ナメクジ)は、ネズミ場で、進行力強化。
・ゾロ(四鬼)は、カエル場で、無敵力強化。
・ウソップ・ナミ・サンジは、各々血統体力強化。

一本松譲渡の「名刀」は、四鬼血統力なので、
ゾロ(四鬼)は、さらに強化したと分かります。

ガイモン(リュウ)の宝箱が大秘宝という考察は、
「ある意味で正しい」と言えます。
リュウ血統は、目指すべき最終クラスです。

メモと考察ポイント2(東海ボス)

ナメクジ魚という魚がいるので、
グループの中に魚人がいたら、ナメクジ血統になると分かります。

世界「最弱」の血統力を保持しており、
各血統の「行く末」を決定していると分かります。
それぞれが、最弱である理由を以下列挙。

・ネズミ大佐は、副官(キツネ職)につき、目立ち最弱。
・アルビダ(ヘビ)は、金棒(鬼の力)を使いこなせず、最弱。
・クロ(キツネ)は、執事(ムカデ職)につき、バレ、最弱。
・バギー(カエル)は、砲術(カエル職)で、敗北運命強く、最弱。
・クリーク(ムカデ)は、多数(ムカデ)で、分離運命強く、最弱。
・モーガン(クモ)は、斧手(ナメクジ)で、犠牲運命強く、最弱。
・アーロン(ナメクジ)は、一味の半分雑魚で、血統引力弱く、最弱。

それぞれが、弱点血統との相関により最弱化していると分かります。

メモと考察ポイント3(アーロン一味)

魚≒ナメクジは、「世界に嫌われる」ので、
魚人も、世界に嫌われていると分かります。

クロオビ(ネズミ)VSサンジ(ムカデ)、
水中では、ネズミ血統が圧倒、
陸上では、ムカデ血統が圧倒すると分かります。

チュウ(カエル)VSウソップ(大ヘビ)
ウソップ勝利は、カエルVSヘビだったからと分かります。

アーロン(ナメクジ)VSルフィ(ナメクジ)
ナメクジ血統同士は、不幸度が上がるので、
ルフィは、一度海に落ちたと分かります。

海牛モームは、アーロン&ルフィと関わって散々。
四鬼血統は、ナメクジ血統で「痛い目にあう」と分かります。

はっちゃん(リュウ)は、ゾロ(四鬼)に倒されても再開。
四鬼血統では、リュウ血統を倒しきれないと分かります。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。