アマゾンリリー図鑑

女ヶ島待機組と九蛇海賊団

スライドショーには JavaScript が必要です。

メモと考察ポイント1(島待機組)

全員花の名=植物=龍脈=大ヘビ血統力。
大ヘビ血統の全体能力で、血統力を増幅していると分かります。

マーガレットがルフィを一番に発見するのも、
キツネ血統の発見能力と分かります。

女性は大きすぎると男性に敬遠、
アフェランドラ(ナメクジ)不幸と分かります。

露出女性/アマゾネスは、ナメクジ血統因子。
アマゾンリリー(樹海/花名)は、大ヘビ血統因子。
ナメクジ×大ヘビで境界ネズミ化、発見されにくい と分かります。

13_3

メモと考察ポイント2(九蛇海賊団)

ユダ(大ヘビ)は「猛毒(ネズミ)×巨(四鬼)」なので、
海王類も寄りつけないと分かります。

デージー(カエル)の下品行為は、
リンドウ(四鬼)に怒られるイメージ。
カエルと四鬼は、子と父親の関係と分かります。

13
考察:恋愛ではなく、臣従血統

ルフィ(ナメクジ)とハンコック(ムカデ)の恋愛関係は、
海賊女帝(カエル)/蛇姫(ヘビ)/メロメロ(ムカデ)、
血統相性で心酔してしまい、臣従化したと分かります。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。